2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/20 (Mon)

しみじみ・・・

気がついたら 2週間ぐらい放置されてた~~(;つД`)
びっくりして 慌てて書いてる春デース
忙しい中にも 近況はいろいろありました。



久々に 真面目な話をしようかな・・・

【More・・・】

先日 祖母が他界しました。
90歳の誕生日を目前にして 連絡があり
すぐに新幹線で 祖母のいる山口へ向かいました。

迷ったのですが 姫(6歳)も連れて行くことに。
何度も「遊びに行くんじゃないよ?大きいばぁばにバイバイしに行くねんで?」
と 念を押すように言いつつ ハラハラしてたのですけど
いざ お通夜の席になると、じっと壇上の祖母を見つめて
雰囲気で 何かを感じているようでした。

姫より小さい ワタシのいとこの子供もいたのですが
その子たちにも 「ばぁばは、もう死んじゃったから動かないのよ」なんて
大人みたく教えてるのを見て ちゃんと分かってるんだな、と
正直ほっとしました。

火葬、集骨も初めて体験させたのですが 帰りの新幹線でも
「ばぁば、骨になったね」
真剣な顔で 小さいなりにいろいろ考えたようです。
「みんな、いつかは死んで ばぁばみたいに骨になるんやで」
そう話すと 「・・・怖いね」って、一言・・・
「だから、命は大事なんだよ」
ふだん、命の大切さとか話すことってあまりなかったので
姫を連れて行って 本当によかった。
だいぶ前、やさつつのHP・・・だったかな?
同じようなこと、話したことがありましたね。
最近でも自殺したり 悲惨な事件が後を絶ちません。
そんな今の時代を生きる子供たちに いかに生と死について教えていくか。
身近な人の死を体験させることも 悲しいけど必要だと改めて感じました。


ワタシも母同然の祖母だったので すごく悲しかったけど
祖母が見てると思って これからも頑張ろうと思います^-^

・・・なんだか重い話ですみません^-^;

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

10:40  |  育児  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

身内の方がなくなるのって辛いですよね。
僕は最近仕事仲間というか後輩が事故でなくなりました。
つい先日まで一緒に仕事をしてたので信じられませんでした。

彼の分まで、と思うのですが最近は辛いです。
死にたい訳ではないですが、生きてる意味ないなぁと
(とグチッてみたり)
武羅庵 |  2006.11.21(火) 09:04 | URL |  【編集】
●身近な人の死
今回のブログを読んで、母が他界した時、
その事実を認めることが出来なかったことを思い出しました。
夢に母が出てきても普通に生きてる母でした。
母が死んだとわかっているのに、
心は認めていないんですよね。
それが時間とともに、理解せざるを得なくなってきて・・・。

身近な人の死は、強烈に“死”というものを考えさせられる
きっかけになりますよね。
うちも子供に、

「現実は、ゲームみたいに死んでも生き返るとかはないねんで!」

と、教えています。
蘇生・参も転生・参も通用しないよ!とも教えています。

・・・うそです・・・。

たまごっちとか飽きてくると、
平気で放置する娘・・・。
死んでも育てなおせばいいですしね、
たまごっちは・・・。
本人がどこまでゲームと現実の差を理解しているんだろう?
とか心配しながら、
子育てに励む今日この頃です。
坂田めぐ巫 |  2006.11.21(火) 18:19 | URL |  【編集】
事故にしろ病気にしろ‥‥身内の死とはすごく辛いですよね
私も6年前に父が他界しましたが、あの時は精神的にきつかったです‥‥
あの当時の自分の行動が、すべて裏目に出たような感じで、、、なかなか立ち直れないでいましたね(。。

本当に、子どもたちに限らず大人も含めて、『生』と『死』に関する意識が希薄なんじゃないかと思います
まずは大人たちがその辺をしっかり見つめ意識しなおさないと。。。
子どもは自分たちで考えて行動している‥‥ように見えて、実は大人の模倣であることが多いのですから
破沼あやめ |  2006.11.22(水) 07:44 | URL |  【編集】
●全然しらなくて…
こっちはバイトにだけど忙しくしてて…
ほんと知らなかった。いろいろあったなんて。
おばあちゃんが教えてくれたんだと思います。なくなってもこれからも教えてくれることたくさんあると思います。
ようこ |  2006.11.27(月) 13:38 | URL |  【編集】
もーのすごい 放置されてました・・・
ゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン
▽武羅庵サン
家族でなくとも 身近な人の死はつらいものです。
急に いなくなっちゃうんだもんね。
ワタシも 祖母の前では仕事頑張る!とか言ってたのに
もう弱音吐いてて 情けないなぁと反省している毎日です。。。
でもそうやって 乗り越えたらいつか報われるのかな。
そう思って お互い頑張ろう^-^

▽お頭
我が家の姫にも お頭のところの姫様と同じく
どう思ってんのやろ??って 悩むことは多々ありますw
一度には分らなくても 徐々にそういう体験を
成長と共に 理解してくれればいいなぁと願いますね。
春菜 |  2006.12.10(日) 22:23 | URL |  【編集】
▽あやめチャン
子どもは大人の模倣・・・考えさせられる一言ですね。
そうなると一層、子を持つ親としてしっかりしないとな~・・・
とりあえず母としては 生命に関わる仕事を精一杯している姿を見て
子ども達に 何かを感じ取ってもらいたいものです。。。

▽陽子チャン
いあいあ、全然連絡できなくてごめんよ~~
またジャングルメンバー徴収かけたら 
いろいろ話しようね!
春菜 |  2006.12.10(日) 22:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://haruna3939.blog32.fc2.com/tb.php/61-faab4074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。